准看護師から正看護師になるために必要な資格

准看護師から正看護師になるために必要な資格

准看護師から正看護師になるために必要な資格

准看護師から正看護師になりたい、と思った場合には、准看護師として医療現場で働いた後、正看護師を目指す、ということも可能です。
ただそれには国家試験に合格して正看護師の資格を取らなければなりません。どれほど優秀な准看護師であっても、必要な資格を得なければ、正看護師になることはできないのです。

 

准看護師から正看護師を目指す場合、中卒か高卒化で少し方法が違います。高卒で准看護師になった人の場合、看護師学校養成所か、看護短期大学に進学することになります。
どちらも課程は2年間です。これを卒業すると看護師国家試験の受験資格を得ることができるのです。中卒だった場合もこの2つの学校に進学するのですが、その他にももう1つ必要な条件があります。

 

それは准看護師としての実務経験で、必要勤続年数は3年間です。ちょうど高校に進学した場合と同じ年数です。これらの方法で准看護師から正看護師を目指す場合、学費をためて、一度休職をして学校に通うことになりますが、2004年(平成16年)から准看護師としての勤続年数が10年以上の人の場合のみ、2年間の通信制看護師学校養成所への入学が認められるようになりました。。これによって医療現場で働きながら正看護師を目指す准看護師の方も増えてきています。

 

美容クリニック 求人

看護師には正看護師と准看護師があります。患者にとってはどちらも同じ看護師なのですが、その最も大きな違いは、正看護師が国家試験に合格した国家資格であるのに対して、准看護師は各都道府県の知事試験に合格した公的資格であることです。

 

とは言うもののその仕事内容に顕著な違いがあるわけではありません。正看護師ができる仕事はほとんど准看護師もできるのです。ただ、現場に出るまでに学ぶ学習内容には少し差があります。
正看護師が医療や看護を基礎から学ぶのに対し、准看護師は主に現場で即戦力となるための看護技術を中心に学びます。正看護師が入学してから現場に出るまで、3年から4年かかるのに対して、准看護師は2年で医療弁場に立つことができるのです。

 

では正看護師と准看護師の仕事内容での最大の違いとはなんでしょう。それは正看護師が医師の指示で医療行為の補助及び看護を行うのに対し、准看護師は医師だけでなく正看護師の指示で看護を行わなければならない、という点です。自分から主体的な看護を行うことができないのです。給与も国家資格者である正看護師の方が多くなっています。また、准看護師では職場での管理職への昇進も難しいのが普通です。

 

これを逆手にとって人件費のコストダウンのため准看護師、と明記して募集をする病院もあります。自分である程度の判断ができる看護師になってキャリアアップも図りたいなら正看護師を、一時も早く現場に立って患者さんに寄り添いたい、という方は准看護師を目指してみてはいかがでしょうか。

 

カラコン洗浄機

続きを読む≫ 2015/03/11 15:22:11

ホーム RSS購読 サイトマップ